自動車の歴史 

自動車について見てみよう

自動車の歴史  header image 2

エンジンの特質

2014年06月03日 · コメント(0) · 未分類

車の歴史というものは今ではかなりの年月が経ち、歴史的にもだんだんと深みが増してきていると考えても良いくらいになってきました。車が発明された当時から現在までを考えてみますと、大幅に変わってきたことと、変わらずにそのまま使われていることとがあることが分かります。

大幅に変わってきた点とは、車の様々な性能が進化してきた事です。走行性能に始まり、利用方法によっての車の種類なんかもその部類に入るでしょう。また変わらずにあるものと言えば、その代表的な答えが、未だに化石燃料を使用し続けていること、ということなのではないでしょうか。このことが変化せずに車を利用し続けてきたことによって、地球環境がかなり蝕まれていることにつながっているのです。今後は車のこのような負の部分を改善していかなければならないでしょう。

そのためには、今以上に原動機となるエンジンがどのような性質を持ち合わせているのか、そしてどの部分が長けており、またどのようなことが劣っているのかというような、基本的なことを深く知っていくことが求められます。それらが現在の私たちの利用方法とどのように関わっているかを検証することで、新しい原動機の性能を落とすことなく開発を進めていくことにつながるのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。