自動車の歴史 

自動車について見てみよう

自動車の歴史  header image 2

長所と短所

2014年06月03日 · コメント(0) · 未分類

電気自動車の開発と普及に於いては現在も多くの課題を抱えていることは確かです。しかし環境を汚すことなくクリーンなエネルギーである電気を使って動く自動車は未来の地球に必要なものとなってくるはずです。電気自動車の長所といえば勿論環境に優しいことです。

それは大気汚染の原因となる二酸化炭素や有害な汚染物質を全く排出しないからです。また化石燃料の枯渇への対策としても重要な意味を持っています。さらに電気自動車のエネルギー効率はガソリン自動車と比べて3倍にもなりますし、家庭の100V電源で簡単に充電を行えます。しかし電気自動車は短所も沢山存在しています。例えば充電時間にしても家庭用の100V電源を利用した場合に最大で16時間も必要とします。急速充電器を使えばかなりの時間を短縮できますが、どちらにしても充電器のインフラ設備が整わないことには普及は難しいと言わざるを得ません。

その他の短所としては航続距離の問題があります。一回の充電で走行できる距離は100から200キロぐらいなので日常生活で使うなら困ることは無さそうですが用途は限られてきます。また価格がガソリン車と比べて高いことも問題です。従って電池の高性能化とコストダウンが今後の普及に於いて必須条件となります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。