自動車の歴史 

自動車について見てみよう

自動車の歴史  header image 2

エンジンの特色

2014年06月03日 · コメント(0) · 未分類

車のどの部分に魅力を感じるのかということは、個人個人によって大きく変わってくる内容となっています。また一昔前のユーザーと現代のユーザーとを比較してみましても、車に対する価値観は大きく変わってきているものです。それによって車に求めることも違い、結局は車の形や性能の部分までが大きく変化していくことになるのです。

車の使い勝手や走行性能を決めるものは、やはり原動機となるエンジンが一番大きな役割を果たしているのではないでしょうか。車の種類によって原動機も様々な特徴を持つようなものに置き換えられるのです。特にこの原動機は化石燃料を燃焼して、その勢いを回転運動に変えるような性質を持つ装置となります。ですから原動機が回転すればするほど、そのパワーは大きくなるものです。

更に原動機がどのように作られているのかによって、そのパワーの発生状況は変わってくるものです。よく低回転型とか高回転型というような言い方がされるような事があります。その名前の通り、パワーが良く出るのが、低回転の方であるのか、或いは高回転の方であるのか、というような違いが原動機にはあったりするのです。ご自分の好みや車の利用方法によってこれらを適切に選ぶ方が良いのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。