自動車の歴史 

自動車について見てみよう

自動車の歴史  header image 2

ガソリン自動車の実現 

2014年06月03日 · コメント(0) · 未分類

近年、エンジンの代替として新型のモーターを搭載した車やエンジンを補助するハイブリット型エンジンを搭載した車が普及してきました。
ハイブリッドは従来のガソリンエンジンをモーターが助けるという意味でで発明され、ガソリン自動車の概念を大きく変えることとなりました。
なぜこのような開発が日本で進んできたかと言えば、それは日本が他の大陸から離れた独立した島国あるということや、第二次世界大戦の敗戦国であるという背景にまでさかのぼります。
日本は、島国であることで自国資源が乏しく、戦中の局面においても非常に燃料調達では困難を極めました。

戦後も自動車が普及してくると現在まで、他国の輸入車に比べてガソリンの消費量にとことん拘った車両の生産に着目して来ました。
他国は、豊かな石油資源や燃料調達コストが低いことで自動車メーカーがそれ程ガソリンの消費について考えず、パワーや高級感を重視してきました。
新興国市場でどんどんと燃料が消費され、枯渇の懸念も囁かれる中で、ガソリンの消費量は増え、世界の各地で燃料価格が高騰してきました。
世界中で多くの車が走ることで、CO2の問題も深刻となりその問題にも真摯に取り組んできた日本のガソリン車製造の真面目さが伺えます。
日本の自動車製造業ではさらなる低燃費新型ガソリン車の実現に余念がありません。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。