自動車の歴史 

自動車について見てみよう

自動車の歴史  header image 2

エンジンの特徴

2014年06月03日 · コメント(0) · 未分類

私たち人間は他の生物と違って、手先を起用に操ることができることが特徴です。それによって脳の発達につながり、非常に思考能力に長けた生物へと進化して参りました。今までの人類の歴史の中でも多数の発明がなされ、それらが全て現在の私たちの生活へとつながってきております。
その中でも画期的な発明は、やはり車の発明であると言っても良いのではないでしょうか。これが発明されたことに始まり、現代の高度な文明が作り上げられたのです。車にはたくさんの部品が使用されており、それらがある程度組み合わさって装置を作り上げます。さらにそのいくつかの装置が組み合わさることによって、一台の車が完成するのです。

これらの車に搭載される装置の中でも、一番最初に発明されたものがエンジンでした。これは車の動力発生装置とされるもので、原動機として言われたりもします。現代ではこの原動機はガソリンのような液体の化石燃料を使用して動いております。しかし発明された当時は石炭で湯を沸かし、その蒸気の圧力によって動力を発生させるような、原始的なものだったのです。それが今では燃料の燃焼の勢いによって、それを直接動力に変える方式に変わってきているのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。